スタッフブログ [ 今更聞けない?Web基本用語~ウェブブラウザ ]

今更聞けない?Web基本用語~ウェブブラウザ

ITあれこれ2019年09月05日
今更聞けない?Web基本用語~ウェブブラウザ 先日友人に、ウェブブラウザの話をした際、「ブラウザって何?」と聞かれ、
ウェブブラウザという言葉は一般的ではないのだと知った湯田です。

Web業界に入って一年と数か月、Web関係の知識も少しづつ増えてまいりましたが、そんな私でもウェブブラウザについてはパソコンを使う仕事につくものとしてその存在は知っておりました。しかし普段パソコンを使わない仕事をしている友人にとってはウェブブラウザという単語自体なじみのないものだったのです。

そんなわけで今回は初心に立ち返り、ウェブブラウザとは何ぞやというところをまとめてみようと思います。


まずブラウザとは、WEBサイトを閲覧するために使うソフトのことです。いま、皆さんがこのページを見ているソフトが「ブラウザ」に当たります。

そもそもインターネットに接続しただけではWebページを観覧することはできません。
ブラウザを使うことで初めてWebページを見ることが出来ます。
その仕組みを簡単にご説明します。
  1. ①ブラウザでURLを指定してリクエストを送る。
  2. ②リクエスト先のサーバから情報が帰ってくる。
  3. ③帰ってきた情報を元にページを表示する。


大まかにはこのような流れになっております。

Webページを表示するために欠かせないURL。これはいわゆるWebページの住所のようなものです。
詳しい説明は長くなるので省略しますが、URLの中には、
Webサーバや、フォルダ、ファイルを指定する情報が入っています。
URLを指定してリクエストを送るということは、
「○○サーバの××というページを表示したいです!」
とインターネットを経由して要望を出すということです。

それをインターネットを使って送信すると、○○サーバから、
「××というページですね?わかりました。必要な情報はこれです!」
と、ページを表示するための情報が帰ってきます。

ブラウザは受け取った情報を元にWebページを表示します。


この一連の流れを処理してくれるのがブラウザです。
GoogleやYahooで検索して、表示されたリンクをクリックするとそのページが表示される。という普段使っている動作の裏ではブラウザとWebサーバとの間で様々な情報のやり取りが行われているんですね。

他にも、お気に入りのページをブックマークとして保存したり、様々なプラグインをインストールして自分の好きなようにカスタマイズすることもできます。

Windowsのパソコンをお使いの方は初めからインストールされていInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)やMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)を利用されている方も多いかと思いますが、他にも様々なブラウザがあります。

〇 Google Chrome(グーグルクローム)
〇 Firefox(ファイヤーフォックス)
〇 Safari(サファリ)

どれも無料で利用できるものばかりです。
ぜひいろいろインストールして使ってみてください。

お気に入りのブラウザが見つかるかもしれませんよ。
by M.Yuda
株式会社像形

【本  社】
〒399-4431 長野県伊那市西春近8548-2
TEL / FAX:0265-74-5805

【松本支店】
〒390-0815 長野県松本市深志3-4-17 KSビル302
TEL / FAX:0263-50-5860

メールアドレス:
お問い合わせフォームはこちら