スタッフブログ [ 家庭菜園その後 ]

家庭菜園その後

その他2020年08月24日
家庭菜園その後

7月中旬に畑をつくり、家庭菜園を始めました。
1か月後の様子です。
 
 
 なすが、立派に育ちました。


ピーマンも、もう少しで収穫できそうです。


トマト・インゲンはこれからです。

バジルは、一度大量に収穫にして、ジェノベーゼソースをつくりました。
自分では使い切れないほど収穫できるので、友達にも収穫してもらいました。
上の写真は、その3日後ですが、シソ科の植物は強いので、
収穫しても、どんどん葉が生い茂っていきます。


モロヘイヤは、頭を摘むことでどんどん大きくなるようで、
毎朝少し摘んでは、さぁーと湯通しして、納豆と一緒に食べています。
 

ちなみに、なすは、花の咲いた数だけ実をつけるそうです。
私は、恥ずかしながら知りませんでした。

最後に、なすにちなんだことわざを紹介します。
< 親の意見と茄子の花は千に一つも無駄はない >
意味:なすの花は咲けば必ず実をつける。親の意見も同じように、すべて子のためになってむだがないということ。
子を思って話す親の意見は聞くべきであるという教え。
 
息子たちにも、このことわざを教えようと思います。

 
 

by M.Shiozawa
株式会社像形

【本  社】
〒399-4431 長野県伊那市西春近8548-2
TEL / FAX:0265-74-5805

【松本支店】
〒390-0815 長野県松本市深志3-4-17 KSビル302
TEL / FAX:0263-50-5860

メールアドレス:
お問い合わせフォームはこちら