スタッフブログ [ Internet Explorer が「本当に」終わる日 〜2022年6月15日〜 ]

Internet Explorer が「本当に」終わる日 〜2022年6月15日〜

ITあれこれ2021年05月25日
Internet Explorer が「本当に」終わる日 〜2022年6月15日〜 ついに、というか、ようやくというか、Internet Explorer が終わります。
Micorosoft が Windows 10 における Internet Explorer 11 のサポートを 2022 年 6 月 15 日に終了すると発表しました。

今回、サポートの終了を宣言したということは、Active X などを含む過去の資産を利用するにあたって、Edge が十分な互換性を得た、と言えるのかもしれません。

実はリリース当初から Windows 10 の標準ブラウザは Edge(旧) で、バンドルされている Internet Explorer 11 は過去の資産を利用する際の互換性維持を目的として付属しているものでした。

ですが、日本では「過去の資産を使う」目的ではなく、IT サポート部門が「サポート対象を減らす」目的で、標準ブラウザとして Internet Explorer を指定し続ける組織が多くありました。

利用する人がいるのだからサポートしたいというのも道理ではありますが、Windows が Internet Explorer をバンドルしている目的からは外れており、新しい Web サイトや Web システムでこれをサポートするコスト増の方がよほど大きいことから、制作サイドからは大変に不人気で、Microsoft 内の人がただ単に、昔から周知のバンドルの目的を口にするだけで、それを期待する人が「Internet Explorerが終わる」とニュースを発信するほどでした。

今回は、そういったポジショントークとしてのニュースではなく、本当に、サポートの終了をアナウンスしたものとなっています。

Chrome や Firefox、Edge など、モダンなブラウザを昔から使っている方にとっても朗報で、サポート終了以降、Internet Explorer で動かすためだけのハックや無駄な処理を省くことができるので、様々なサイトでパフォーマンスが向上する可能性が高まります。

参考: Internet Explorer は Microsoft Edge へ – Windows 10 の Internet Explorer 11 デスクトップアプリは 2022 年 6 月 15 日にサポート終了|blog.windows.com
by G.Oba
株式会社像形

〒399-4431 長野県伊那市西春近8548-2
TEL / FAX:0265-74-5805

メールアドレス:
お問い合わせフォームはこちら